1. LawnBottを第3回エコハウス&エコビルディングEXPOに出展しました

LawnBottを第3回エコハウス&エコビルディングEXPOに出展しました

20130312n_08

2/27~3/1の3日間、東京ビッグサイトで開催された「第3回エコハウス&エコビルディングEXPO」に弊社ローンボット(LawnBott)を出展致しました。
「ロボットが芝を自動でメンテナンスしてくれる」というコンセプトが幅広い業種の方々にご興味を持って頂き、お陰様で展示会後の反響も非常に大きく、皆様の環境への関心が、今まで以上に高まってきた事を実感しております。徐々に市場への認知度も増していた事もあり、日本市場でローンボット(LawnBott)の需要が多くある事を実感しております。

今年から運動施設など広範囲のエリアをカバーできる大型芝管理ロボットも導入し販売を開始しております。来年に向けてもプール清掃ロボットなど、他の分野にも対応出来る商品をラインナップに加えていき、弊社の社針である、“環境に配慮した商品を提供し、お客様が満足して頂けるサポート”を心掛けていきます。

今年から特約店も募集しておりますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

20130312n_08

“ロボット芝刈機のF1”というコンセプトのL400も出展されました(手前)

 

 

20130312n_03

 Lawnbott チームリーダーの纐纈氏(右)と説明員の大平氏(左)

 

 

又、同時並行で開催された「国際第二次電池展」にグループ企業の1つである協同ファインセラミックスが出展しました。

中央に展示してあるのは、リチウム電池正極材などの粉体を焼成するロータリーキルン(焼成炉)に使われる3.5mもある大型アルミナパイプです。この最大サイズ5mを可能にした大型パイプは当社でしか取り扱っておりません。

協同グループは新たな技術にチャレンジし続け、様々な分野に進出しています。

 

20130312n_06

長尺だけでなく、内側に羽根を付ける事で粉体の撹拌効率を向上させた点に匠の技術が集約されています